0からの英文法

0からの英単語

その他

第1講座 初めに

この文法講座について

この0からの英文法講座では、文字通り英語の文法について0から解説していきます。
順番に講座を進んでいくことで、徐々に英文法が理解できるようにしています。前後の講座で、内容で繋がりがある場合もありますが、極力、特定の講座だけ見ても理解できるように説明しています。できれば1から順に見て頂けると幸いです。

内容としては、文法書に書いているような規則的・体系的な文法事項で重要と思われるところを、できるだけ簡潔にまとめています。例文と説明を少しずつはさんでいるので、読み物として見ていただいても結構です。

複数の文法書を参考にして作られたサイトですが、例文は特別な場合を除いて引用していません。例文はできるだけ初歩的な単語を用いて、シンプルなものにしています。ただ、不明な単語が出たときは必ず辞書で調べるようにしてください。

受験的な内容も含んでいますが、大学受験の内容はここだけの内容では不十分でしょう。通常の文法書は、順を追って説明しているものが少ないので、これを全て見た上で、通常の文法書を見ると定着するかもしれません。

英語の文法とは

英語の文法は、ひとことで言うと「単語の並べ方」です。下記の例文を見てください。

この英文はI(私)、play(する)、soccer(サッカー)という3つの単語を並べただけです。英語の文章は、このようにスペースを空けて単語を並べるだけで文章になるのです。

ここで日本語について考えてください。日本語には単語と単語の間にスペースがないのに、文章が理解できるのはなぜでしょうか。大きな理由は助詞の「〜は」や「〜を」などが繋ぎになっているためです。英語にはそういった細かな繋ぎを、言葉ではなく、スペースで表しているのです。(ただし会話では間を空けずに言う。)

つまり、英語を文として成立させているのは「単語の並べ方」になるのです。

上記の文は、先ほどと同じ単語を使っていますが、意味が通じない文になっています。
日本語では「サッカーを私はします。」「私はしますサッカーを。」と言っても、不自然ではありますが意味は通じますよね。これが日本語の助詞(は・を)の力で、どれが主語でどれが目的語かが判断しやすくなります。

英語は"順序の言語"であり、「単語の並べ方」で文章ができるのです。
それを念頭に置いて、英文法を学習していきましょう。

トップページ 第2講座へ進む>

Copyright © 2016 KENJI BANDO All Rights Reserved