0からの英文法

0からの英単語

その他

第20講座 現在進行形

動詞のing形

現在進行形を学ぶ前に、動詞のing形について知っておく必要があります。
名前の通り、動詞にingを付けるのですが、付け方に決まりがあります。

条件とingの付け方
多くの単語は+ingplay→playing、read→reading
語尾がeの単語はeを消して+inguse→using、have→having
語尾が1母音字+1子音字の単語は
最後の字を重ねて+ing
run→running、swim→swimming
stop→stopping、begin→beginning
語尾がieの単語はieをyに変えて+ingdie→dying、lie→lying

3つ目のルールの母音字とは"a,i,u,e,o"で、子音字とはそれ以外の字です。例外として"visit→visiting"などがあります。 上記のように、動詞にingを付けると、
「〜の進行途中」という意味を持ち、形容詞や名詞として扱われます。

現在進行形

動詞のing形さえ覚えれば、進行形は簡単です。be動詞の文に、動詞ingを加えた文を作るだけです。be動詞が現在形であれば、現在進行形と呼ばれ、「今〜している」という意味になります。

主語be動詞動詞ing形 〜 「(今)〜しているところ」

現在進行形(現在時制の進行形)は"now"「今」という単語が入ってなくても、
「今〜している」という意味になります。

学校では"be動詞+動詞ing"を強調しますが、"普通のbe動詞の文"と理解しておくことが最も重要です。前項で述べたように、"動詞ing形"は動詞として扱われないので、別の動詞が必要です。そして、"動詞ing形"自体に「〜している」という意味があるので、"be動詞"で"動詞ing"を繋げてやればいいだけです。

上の例を見てください。全く同じ文ですよね。
現在進行形では"動詞ing形"が形容詞と同様の働きをしているのです。

次に、意味に注意する進行形を見て行きましょう。

進行形が「〜しているところ」とばかり日本語で覚えていると、
上記の英文の訳を「電車は止まっている。」「私の犬が死んでいる。」と考えてしまいます。 "stop"は「止まる」で"die"は「死ぬ」という動きの変化です。「止まっている」 「死んでいる」と言う表現は、進行している途中ではなくて、もう終わっていることになります。従って「動いている→止まっている」「生きている→死んでいる」の途中ということを踏まえて、意味を考えましょう。

現在進行形の注意点

(1)現在進行形は「まさに"今"している途中」

「彼は毎日公園を走っています」の正しい英文はどちらでしょう。

当然2つ目(下)の文が正解です。日本語に惑わされないでください。
日本語で「走っています」という表現は"今"しているとは限らないのです。
きちんと日本語を読むと、「毎日〜している」なので、普段行っていること、
つまり現在形での表現が正解です。

(2)状態動詞は通常進行形にしない

(状態動詞については前回解説したため、わからない方はそちらもご覧ください。)
「私は今、箱を持っているところです」の正しい英文はどちらでしょう。

正解は1つ目(上)の例文です。"have"は「持ち上げる」という動作動詞ではなく、「持っている」という状態動詞です。"動詞ing形" にしなくても、原形で今持っていることを示しているので、進行形にする必要がありません。基本的には状態動詞は進行形で用いませんが、下記のように例外があります。

これらは正しい文章です。1つ目の例文は、"have"を「食べる」という意味で用いています。この意味は動作を表すため、進行形にしても問題ありません。2つ目の例は、現在形でいいところをあえて進行形にしています。こうすると、「今」という意味が強調され「今だけ住んでいる(いずれ離れる)」という意味になります。

<第19講座へ戻る トップページ 第21講座へ進む>

Copyright © 2016 KENJI BANDO All Rights Reserved