0からの英文法

0からの英単語

その他

第39講座 比較(原級)

原級の比較

比較は、例えば2つのものを比べて、どちらが大きい・小さい、高い・低い、あるいは同じである、等の表現です。比較を示す品詞は形容詞と副詞ですが、そのままの形(原級)の比較と、比較のために変形させた(比較級・最上級)の比較表現があります。

原級の比較は、形容詞・副詞と"as"を用いた「同じ程度」を示す表現です。
比較表現の前に、"as"が「同じ程度」という意味の副詞であることを理解しておきましょう。

当然、上記例文の"as fast"は「同じぐらい速く」という意味になります。
しかし、上記の文だけでは、誰と同じぐらい速いのかがわかりません。

そのため、"as you"「あなたと同じぐらい」という文言を加えれば、ひとつの文で意味が完結します。ここの"as"は接続詞なので、本来は2つ目の例文のように。"as you can run"という文が置かれるはずです。が、英語は2度同じ内容を述べることを嫌うため、省略されるのが普通です。 尚、ここに代名詞だけを置く場合、目的格を用いるのが普通です。

A as〜as B 「AはBと同じくらい〜」

原級の比較は形だけ言うと"A as〜as B"ですが、上記でも述べたように、やはり"as"や文形には意味があることを理解しておきましょう。そうすれば、別の場面でも役に立つことがあります。また"as〜as"の中に入るのは形容詞か副詞なので、文の中では、やはり形容詞や副詞として使うことも意識しましょう。

  • I studied as hard as them.(私は彼らと同じくらい頑張って勉強しました。)
  • My brother as tall as me.(私の弟は、私と同じくらい背が高い。)
  • I have as many books as my mother.(私は母と同じくらいの本を持っている。)

上記は1つ目の例文が副詞の"hard"、2つ目が補語の形容詞"tall"、3つ目が名詞を修飾する形容詞"many"が"as〜as"の中に入っているのです。文中の位置は普通の形容詞や副詞の位置と同じです。そして3つ目のように、形容詞なら後ろに名詞を置くことも可能です。

ただし、"as〜as"の中に"a"が入る場合、語順が通常と異なるため注意が必要です。

普通は"a nice man"ですが、"as〜as"内では形容詞や副詞が前に出ます。
初めの"as"の後ろは形容詞や副詞がすぐ来る、というのが自然なのです。

A not as(so)〜as B 「AはBほど〜でない」

"as〜as"の否定文を日本語で直訳すると「同じくらいではない」ですが、
そこから「同じ程度まで達していない」との意味を持ちます。

  • Cherries is not as big as apples.(さくらんばはリンゴほど大きくない。)
  • I cannot swim as fast as Marie.(私はマリーほど速く泳げません。)
  • Cooking was not so easy as I thought.(思ったより料理は簡単ではなかった。)

この表現で程度を比較したとき、主語の程度が下、"as"の後ろの程度が上、ということを意識してください。また、否定の場合は3つ目の例のように、"not so〜as"という表現も可能です。"so"を使うと少し堅い表現で、現在ではあまり使われなくなっています。

"as〜as"の倍数表現

英語での倍数表現は"倍数+as〜as"でできます。倍数は以下の通りです。

倍数
a quarter1/4倍
half1/2倍
once1倍
twice2倍
three times3倍
four times(以降 ○○ times)4倍

倍数を"as〜as"の前に置くだけで、倍数で比較する表現ができます。

"as〜as"の慣用表現

"as〜as"との組み合わせですが、それぞれの単語の意味を考えると理解しやすいでしょう。

  • as 〜 as possible「できるだけ〜」
  • as 〜 as any「どれにも劣らず〜」
  • as 〜 as ever「相変わらず〜」
  • as 〜 as ever lived「これまで生きてきたものに劣らず〜」→「極めて〜」

"as soon as possible"は「できるだけ早く」とこのままの形でよく使われる表現で、文頭に持って来たり、単体で使ったりすることもあります。ビジネスシーンでよく使われる"ASAP"という用語は、この慣用句の略称です。4つ目の表現は"lived"以外の語も使われます。

  • not so much A as BAというよりむしろB
  • not A so much as BAというよりむしろB

<第38講座へ戻る トップページ 第40講座へ進む>

Copyright © 2016 KENJI BANDO All Rights Reserved